細井昌子 医師 (ほそいまさこ)

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3-1-1

  • 心療内科
  • 診療准教授 副科長

心療内科 内科 麻酔科

専門

心身医学、疼痛学、神経医学、難治性慢性疼痛患者の診断と治療

細井昌子

細井昌子医師は、慢性疼痛(心身症)を専門とする心身医学専門医。日本で初めて心療内科が開設された九州大学病院で、全国からの患者を受け入れている。社会的ストレスにより増悪する腹痛や認知行動様式が症状の持続に関連している全身各所の痛みなど、身体的な症状と心理社会的要因との関連を明らかにしつつ、医師・看護師・臨床心理士らとのチームによる治療法を開発・実践。自律訓練法、認知行動療法的アプローチなどを併用し、多面的かつ段階的な心身医学的治療を行っている。

医師プロフィール

1987年3月 九州大学医学部 卒業
1987年4月 九州大学病院麻酔科研修医
1989年6月 九州大学病院心療内科入局後、内科・心療内科臨床研修
1997年9月 九州大学大学院医学研究院修了 学位(医学博士)取得
1997年5月 米国国立衛生研究所(NIH)、アルコール乱用・依存研究所(NIAAA)、
Lab of Molecular and Cellular Neurobiology留学(2002年6月帰国)
2004年4月 九州大学病院心療内科助手
2006年4月 九州大学病院心療内科助教
2010年1月 同診療講師(助教)(~2013年5月末まで)
2010年5月 九州大学大学院医学研究院 講師併任(~2013年5月末まで)
2013年6月 九州大学病院 心療内科 講師
2017年3月 同病院 心療内科 診療准教授(4月より副科長)
(更新日:2017年11月17日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会