福永幹彦 医師 (ふくながみきひこ)

関西医科大学附属病院

大阪府枚方市新町2-3-1

  • 心療内科 総合診療科
  • 診療部長 教授

心療内科 総合診療科 消化器科

専門

心療内科全般、消化器心身症(過敏性腸症候群・機能性ディスペプシア)、慢性疼痛

福永幹彦

「身体症状に対し、身体と心のいずれかに偏らない態度で診療に臨むことを心掛けている」という福永幹彦医師。同科を受診する過敏性腸症候群の患者は社会生活に大きな支障をきたしているケースが多いため、重篤な症状の治療経験が豊富だ。実際の診療では身体面の病態評価を優先し、症状の軽減に努めている。そうした経過のなかで、病態に影響する心理面・社会面の評価を加えてゆき、最終的には患者が自律的に病気をコントロールできるようにお手伝いするという方針で治療している。

診療を受けるには

診療時間は、月曜~土曜の午前・午後(第2・4土曜除く)。要事前予約(受付は8:30~11:30)。現在は受診まで20~30日待ち。初診では紹介状も必要。福永医師の初診は火曜の午前。

医師プロフィール

1985年3月 岐阜大学医学部 卒業
2009年4月 関西医科大学医学部心療内科学教授
2010年6月 関西医科大学付属枚方病院心療内科部長
2016年4月 関西医科大学附属病院 心療内科診療部長教授

所属学会

日本心身医学会指導医・専門医、日本心療内科学会専門医

主な著書

『疼痛の理学療法 第2版』(慢性痛に対する心療内科的アプローチ:2008年 三輪書店/共著)
『脳とこころのプライマリケア:第3巻』(2012年シナジー)
『循環器ストレス学』(2010年 南山堂)
『心身医学標準テキスト』(2009年 医学書院) 
(更新日:2014年5月20日)