青山幸生 医師 (あおやまゆきお)

東邦大学医療センター大橋病院

東京都目黒区大橋2-17-6

  • 麻酔科(漢方外来)
  • 客員教授

麻酔科 東洋医学

専門

麻酔科学、東洋医学、ペインクリニック、心身医学

青山幸生

青山幸生医師は慢性疼痛のスペシャリストで、東邦大学医療センター大橋病院麻酔科の客員教授を務めペインクリッニック外来と漢方外来を担当している。前者は帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、偏頭痛、心因性疼痛などいわゆる“慢性の痛み”と呼ばれている疾患全般の診察を行っている。一方、後者では病気にならないような状態に心身を導く、いわゆる健康創成を目標に、西洋医学単独ではうまく問題解決に至らないような難治性疾患、また機能的疾患から日常よくみられるような肩凝りまで幅広い疾患に対応しており患者の信頼も厚い。

診療を受けるには

要予約、要紹介。青山医師が担当するペインクリニック外来は、第1・2の水曜、第3・4の金曜・土曜の午前(第3土曜日は休診)
※漢方外来は完全予約制:第1・2水曜(14:00~16:00)→2021年4月から12:00~14:00に変更する。

医師プロフィール

1983年9月 東邦大学医学部医学科 卒業
1983年12月 東邦大学医学部付属大橋病院にて研修
1986年1月 東邦大学医学部医学科助手(麻酔科研究室)
1991年1月 米国南カリフォルニア大学留学
1996年6月 東邦大学医学部医学科講師(麻酔科学第2講座)
2001年4月 東邦大学医学部医学科助教授(麻酔科学第2講座)
2009年4月 日本歯科大学付属病院総合診療科1臨床教授
2012年7月 東邦大学医学部麻酔科学講座(大橋)准教授
2017年4月 東邦大学医学部麻酔科学講座(大橋)客員教授

所属学会

日本慢性疼痛学会理事(第41回日本慢性疼痛学会会長)、日本実存療法学会理事(第9回日本実存療法学会会長)、日本疼痛心身医学会理事、日本心理医療諸学会連合(UPM)理事、日本行動医学会理事、日本慢性疼痛学会監事、日本アプライド・セラピューティクス学会評議員、日本疼痛漢方研究会世話人、日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会専門医、日本東洋医学会指導医、日本心身医学会研修指導医 など

主な著書

『心身症の診断と治療:慢性疼痛』(2007年 診断と治療社)

医師発信欄

東邦大学医療センター大橋病院 麻酔科: http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/anesth/guide/
(更新日:2021年2月10日)