内藤泰 医師 (ないとうやすし)

神戸市立医療センター中央市民病院

兵庫県神戸市中央区港島南町2-1-1

  • 耳鼻咽喉科
  • 副院長
  • 部長

耳鼻咽喉科

専門

耳・側頭骨の手術(慢性中耳炎、中耳真珠腫、腫瘍、 難聴、人工内耳、めまいの手術)

内藤泰

内藤泰医師は、慢性中耳炎や中耳真珠腫、人工内耳、めまいなど耳・側頭骨の手術と難聴診療を専門とする。近年は、厚生労働省が研究事業の対象としている難聴や人工内耳などに関する複数の研究班に参加している。同科では、耳鼻咽喉科疾患全般に対して、最先端の設備で高いレベルの診断・治療を実施。突発性難聴、顔面神経麻痺などにはステロイド治療を行うなど、疾患に応じた保存的治療を行うとともに、難治例では手術も施行して良好な成績を上げている。

診療内容

内藤医師の専門は慢性中耳炎、中耳真珠腫、腫瘍、難聴、人工内耳、めまいの手術など、耳・側頭骨の手術である。
同科では、耳鼻咽喉科疾患全般を扱い、特に中耳炎・難聴・顔面神経疾患、 頭頚部腫瘍、めまい疾患に力を入れ、それぞれに専門外来を設けて、最先端の設備で、高いレベルの診断、治療を実施。突発性難聴、顔面神経麻痺、めまい疾患ではステロイド治療等をはじめとし、各々の疾患に応じた保存治療を行い、良好な治療成績を上げている。また、中耳手術は、慢性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成術が主体で、手技上の種々の工夫を加えて治療成績の向上を図っており、成績は鼓膜形成術で95%以上、耳小骨連鎖再建を加えても80~85%と全国的にトップレベルの成績を収めている。また、人工内耳では難手術例も含めて年間約70件の手術を行い、本邦の代表的実施施設の一つとなっている。

医師プロフィール

1980年3月 京都大学医学部 卒業
1985年4月 京都大学大学院医学研究科
1989年4月 京都大学医学部附属病院助手
1990年4月 米国UCLAビクターグッドヒル耳科学研究所客員研究員
1993年1月 京都大学医学研究科講師
2003年3月 神戸市立医療センター中央市民病院耳鼻咽喉科部長、京都大学医学部臨床教授(併任)
2007年5月 信州大学医学部非常勤講師(併任)
2009年4月 神戸市立医療センター中央市民病院副院長(併任)
2011年 先端医療センター診療部再生治療ユニット耳鼻咽喉科統括部長(併任)