喜多村健 医師 (きたむらけん)

茅ヶ崎中央病院

神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎2-2-3

  • 耳鼻咽喉科
  • 湘南医療大学 副学長

耳鼻咽喉科

専門

耳に関連する難聴、めまい

喜多村健

喜多村健医師は、難聴や内耳の神経の病気のメカニズムと治療法について研究。主任研究者を務めた厚生労働科学研究・急性高度難聴に関する調査研究では「ステロイドの全身投与で改善の見られなかった突発性難聴症例に鼓室内ステロイド注入が有効である」ことや「高気圧酸素療法は突発性難聴を改善する」等々、難聴にまつわる医療を前進させる数々の成果を上げた。教授を務めた東京医科歯科大学医学部附属病院耳鼻咽喉科では、埋め込み型骨導補聴器による聴覚回復を日本で初めて施行するなど、高度先進医療にも積極的に取り組んでいる。
喜多村医師は現在、茅ヶ崎中央病院耳鼻咽喉科にて、一般外来と難聴・中耳炎専門外来の担当だが「ひとつひとつ丁寧に」診ることをモットーに診療を行っている。

医師プロフィール

1973年 東京大学医学部医学科卒業
1974年 東京大学 文部教官
1978年 国立病院医療センター 耳鼻咽喉科 厚生技官
1979年 ハーバード大学研究助手
1983年 自治医科大学 耳鼻咽喉科教室 講師
1985年 東京大学 耳鼻咽喉科学教室 講師
1991年 自治医科大学 耳鼻咽喉科学 助教授
1993年 自治医科大学 耳鼻咽喉科学 教授
1999年 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科学 教授
2004年 東京医科歯科大学 学長特別補佐
2004年 東京医科歯科大学 医学附属病院 副院長
2008年 東京医科歯科大学 副学長
2014年 東京医科歯科大学 特任教授
2019年4月 湘南医療大学 副学長
(更新日:2019年9月18日)