宇佐美真一 医師 (うさみしんいち)

信州大学医学部附属病院

長野県松本市旭3-1-1

  • 耳鼻咽喉科
  • 科長・教授

耳鼻咽喉科

専門

難聴の遺伝子解析診断、人工内耳、中耳手術、 宇宙医学(内耳の神経伝達機構)

宇佐美真一

難聴の診断および治療が専門。原因不明である突発性難聴や特発性難聴に対しては、遺伝子診断、MRIによる内耳画像診断、新しい治療薬、人工聴覚器による治療などを組み合わせ治療成績の向上に努めている。先天性難聴の遺伝子診断については我国の中心的な役割を果たしており、鼓室形成術、人工内耳、人工中耳手術など耳科領域の手術にも積極的に取り組み良好な成績をあげている。我国で最初に残存聴力活用型人工内耳による治療を成功させるなど先進医療の実績には評価が高い。

診療を受けるには

専門外来である難聴外来は火曜および木曜の午前、突発性難聴外来は火曜の午後に診療を行う。同科は初診、再診ともに完全予約制である。かかりつけ医の紹介状により事前予約の上受診すること。

医師プロフィール

1981年 弘前大学医学部 卒業
1985年 弘前大学医学部大学院修了、弘前大学医学部耳鼻咽喉科講師、助教授を経て
1999年より信州大学医学部教授

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会(認定専門医)、日本耳科学会(理事)、日本聴覚医学会(理事)、日本めまい平衡医学会、日本鼻科学会、日本人類遺伝学会(認定専門医、指導医)、日本遺伝カウンセリング学会、日本神経科学学会、The American Society of Human Genetics、Association for Research in Otolaryngology、Barany Society、国際宇宙ステーション・きぼう利用推進委員会、生命科学分野シナリオWG委員、JAXA宇宙ストレス生物学研究班班員

主な著書

『きこえと遺伝子 難聴の遺伝子診断と遺伝カウンセリング』(2006年 金原出版)
『きこえと遺伝子2 難聴の遺伝子診断 ケーススタディ集』(金原出版)

医師発信欄

信州大学医学部耳鼻咽喉科学教室HP: http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/ent/
(更新日:2017年6月8日)