石井正則 医師 (いしいまさのり)

JCHO東京新宿メディカルセンター

東京都新宿区津久戸町5-1

  • 耳鼻咽喉科
  • 診療部長

耳鼻咽喉科 神経内科

専門

神経耳科(難聴・めまい・耳鳴)、内視鏡下鼻内手術、航空宇宙医学、心療耳鼻咽喉科、動揺病・宇宙酔い

石井正則

石井正則医師は、神経耳科の専門医であり、ヨガの公認インストラクターでもある。ストレス疾患の専門治療施設でヨガクラスを定期的に開催し、医師としての専門的な知識を加えることにより、ヨガのポーズと呼吸に着目し、耳鳴りやめまいの改善法として、呼吸法が有用であることを発見、低音性耳鳴りに効果的な呼吸法を開発した。
また、耳鼻咽喉科心身医学研究会の発起人メンバーであり、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙医学審査会委員でもある。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などでも活躍している。現在、初診の診療待ちは2年先という人気ドクターである。

診療内容

耳鳴り・難聴・めまいは、疲れが原因で一時的に起こる場合や、老化現象として起こる、耳や脳の病気が原因で起こる、心の病が隠されていることもある。いろいろな検査をしても原因が特定できない場合も少なくない。近年、症状を軽くする「症状緩和」の研究が進み、生活の質を最優先にする薬物治療を行っている。症状があっても生死にかかわるようなことはないが、不快な症状に悩まないで、放置せず専門医に相談しよう。
「耳鳴り、難聴、めまいの診断法や治療法は年々進歩しています。わからなかった原因が分かったり、効果的な治療法が見つかったりするかもしれません。諦めずに治療しましょう」(石井正則医師)

耳鳴りを招く「加齢性難聴・低音部型難聴・突発性難聴・メニエール病・聴神経腫瘍」の主な5つの病気がある。呼吸を変えることで耳鳴りが改善すると石井医師は、考案した「C2呼吸法(交感神経を強く刺激し、副交感神経の機能も上がり。首と顔の血液循環がよくなり、筋肉の凝りもとれる)や、ハチの羽音呼吸法(脳と自律神経をリラックスさせ、耳閉感や低音性の耳鳴りを軽減する)」を2013年頃から診察室で患者さんに呼吸法の指導を行っている。
「耳鳴りには腹式呼吸が有効なので、ヨガや太極拳、気功といった腹式呼吸を意識できる運動がお勧めです。運動習慣がない人は、散歩でもよいでしょう」(石井正則医師)

また、ストレスとの付き合い方が重要と言う。ストレスには心に重くのしかかる精神的なストレスと体にダメージが生じる身体的ストレスがある。精神的ストレスは、仕事・勉強・生活・人間関係からくるプレッシャー・不満・不安・トラブルなどが影響し、身体的ストレスは、環境・病気・睡眠・疲労などからくる例えば、不眠症やアレルギーなどがある。生きている限り人間はストレスが発生し、避けることはできない。ストレスとどう向き合うか、ストレスを上手くコントロールすることが重要なのである。
石井医師が作ったストレスのキーワード「嫌なヤツ、嫌なコト、嫌な自分」この3つが積み重なって、睡眠障害(眠れない)疲れが取れない(疲労)心と体がつらい(ストレス)となって耳鳴りやめまい・ふらつきが起こってくる。マイナス面ばかりを考えないで、「自分が楽しいと思えるものを見つけ、気分転換できるストレスコントロールのコツをつかめば、耳鳴りは気にならなくなるでしょう」(石井正則医師)

医師プロフィール

1980年 東京慈恵会医科大学卒業
1984年 同大学院修了後、米国ヒューストン・ベイラー医科大学 耳鼻咽喉科へ留学
1987年 帰国後、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任
2000年 同大学准教授
2005年 岐阜大学医学部耳鼻咽喉科・臨床教授
現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長