沼部幸博 歯科医師 (ぬまべゆきひろ)

日本歯科大学附属病院

東京都千代田区富士見2-3-16

  • 総合診療科

歯科口腔外科 歯科 総合診療科

専門

歯周病学

沼部幸博

沼部幸博歯科医師は1983年大学卒業後、大学院にて歯周病学を専門に学ぶ。卒業以来、30年以上にわたって、歯周病の研究・治療に従事する国内の歯周病治療において、オピニオンリーダー的存在である。歯周病学は1958年に学会自体は創設されていたものの、大学3年生から始まる同大学の歯周病学の講義はまだ3年目、大学の講義としての歴史が浅かった。歯周病の原因はわかっていたものの、講義として体系化されるのに時間がかかったという。現在、研究の中で力をいれていることは、喫煙と歯周病との関係。ヘビースモーカーの人は歯周病が悪くなりやすいということを明らかにし、喫煙をしている人とそうじゃない人、辞めた人との関係を調べて研究している。全身疾患と歯周病との関連の解明や啓蒙活動にも力を入れている。

診療内容

日本歯科大学附属病院の総合診療科歯周治療チームでは、進行した歯周病に対して、歯周外科と呼ばれる外科手術や、失われた歯の周りの組織を再生させる組織再生誘導法(GTR法)など、専門的な治療を行っている。また、歯茎が下がってしまった場合や、歯を抜いた後の歯茎の形態が悪い場合などにそれらを改善する目的でおこなう歯周形成外科といわれる治療なども行う。

医師プロフィール

1958年5月 栃木県に生まれる
1983年3月 日本歯科大学歯学部 卒業
1987年3月 日本歯科大学大学院修了、歯学博士
1989年4月 日本歯科大学歯学部歯周病学教室専任講師
1989年9月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部歯周病科客員講師
1991年4月 日本歯科大学歯学部附属歯科専門学校歯科技工士科講師(併任)
1993年4月 日本歯科大学歯学部歯周病学教室助教授
2005年6月 日本歯科大学歯学部歯周病学講座教授
2006年4月 日本歯科大学生命歯学部歯周病学講座教授(学部名変更)現在に至る