受診するきっかけ

 どんなときに医師の診察を受けたり、健康相談にのってもらうことがいいのでしょうか。あのとき医師に診てもらっていたら、とあとでいくら悔やんでも時すでにおそしです。

■いつもの異常とは違う
 一般的に若い人の身体的異常は、その症状が軽度の場合や短期間で症状が消える場合は、重い病気が隠れている可能性は少なく、一時的な身体不調や心身症的であることが多いので、しばらく経過をみてから受診してよいと思われます。しかし、中高年以上になると、なんらかの身体的異常でその裏に思わぬ病気が隠れていることがあり、十分注意してしすぎることはありません。
 とりこし苦労かもしれませんが一度医師に相談するという姿勢はけっしてわるいことではありません。自分で感じてなにか変だ、いつものちょっとした異常とは違うという感覚は、実はたいへん重要なサインです。痛みや不快感のため、吐き気や冷や汗があったりする場合は、必ず医師に診てもらうべきです。また、一瞬でも意識を失った場合は、たとえそのあと、なにもなくても一度は医師に診てもらわなくてはなりません。なんらかの症状が、それが何時何分何秒に始まったと説明できるほど突然出始めた場合も、なんらかの重要な病気の可能性が大きいと考えるべきです。

■人から指摘されたとき
 いままで健康であった人が急に体調に変化をきたしたとき、しばしば、本人はそれを認めたがらない傾向があります。家人など他人からみて、あきらかに異常とみえる場合は、その人の忠告に従いましょう。
 反対に徐々に進行する病気はなかなか自分で気がつかないことが多く、人から指摘されてはじめて気がつくこともあります。人からみて変だといわれ、思い当たる原因がない場合は医師に診てもらうほうが賢明です。