シンチグラフィー(SPECT/PET)検査

 放射性同位元素で標識(目印)した薬剤が特定の臓器に取り込まれると、γ(ガンマ)線を放出します。これをγカメラでスキャンした画像がシンチグラフィ検査です。
 骨転移、骨肉腫などが検査できる骨シンチグラフィ、がんや炎症組織にとり込まれやすいガドリニウムシンチグラフィ、ヨウ素摂取による甲状腺シンチグラフィ、肺梗塞の診断に使う肺シンチグラフィなどがあります。なお、シンチグラフィをCTのような断層像で表示し、脳の血流分布を見る脳シンチグラフィ(脳血流シンチ)、心筋の血流の不均等を見る心筋シンチグラフィ(心筋シンチ)はSPECT検査と呼ばれます。

 PETでは陽電子(ポジトロン:positron)を放出する核種を使います。陽電子は消滅するときに2個のγ線が180°の反対方向に放出されるため、これを検出して存在部位をあきらかにします。

 がん細胞や脳、心筋細胞などは他の組織よりも代謝が活発です。陽電子を放出する核種18Fで標識したぶどう糖(18F-FDG)を投与すると、がん組織の存在、心筋や脳の活動状態がわかります。陽電子を放出する核種の半減期は短いので、少量投与であれば人体への影響はありません。半面、PET用放射性医薬品を生成してから検査までの時間を短縮しなければならず、施設内にシンクロトロンなどの生成機器を設置する必要がありますが、使用量の多い都会では核種を配達してくれるシステムも確立しています。PETは全身を一度に調べられ、かなり小さながんも発見できることから、がんの早期発見のための検診にも使われることもありますが、主たる目的は進行がんの全身転移の検出が臨床的にもっとも有用です。
 最近は放射エネルギーの異なる核種で標識した化学物質を注射してその物質を取り込む悪性腫瘍や臓器の機能を、全身スキャンや特別な臓器で調べるD-SPECTが開発され、心臓や神経叢(そう)の活動、悪性腫瘍の存在を調べることもおこなわれています。