CT(コンピュータ断層撮影)検査

 X線管球とディテクターを円周上に配置して回転させ、全周で得られた情報をコンピュータ処理して輪切りの断層像を得るのがCT(computed tomography)で、画像診断に革命的な進歩をもたらしました。
 通常のX線検査では画像が重なって映るので、骨や心臓などが重なると十分な情報が得られない欠点があるのに対して、CTでは断層像が得られるので、骨にじゃまされずに、あまり侵襲(しんしゅう:受検者の負担)を加えずに人体内部の情報を見ることができます。
 また、造影剤を併用することで病変ごとのコントラストが増強され、単純CT(造影剤を使用しない通常のCT撮影)では得られない診断が可能です。頭部CTでは脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳動脈瘤(りゅう)、脳腫瘍などが診断可能となり、また、全身のCTでは悪性腫瘍をはじめとして、多くの病変が描出できます。

 さらに、より高性能のマルチディテクターCTが普及してきています。これは、人体に対してX線管球がらせん状に回転し、高速の連続撮影ができる装置です。これにより高精度の立体画像を描出することが可能となり、冠動脈の三次元表示により血管造影をおこなわないで狭窄(きょうさく)部を診断したりできます。大腸内腔(くう)に空気を入れた状態でCT撮影をすることで、注腸造影に近い画像を得て、大腸がんの診断などに用いられることもあります。