1歳~思春期以前の場合の心肺蘇生法

 1.傷病者に呼びかけ、意識の有無、反応を確認する。
 2.大声で助けを呼ぶなど、周囲の注意を喚起する。近くにだれかがいた場合には119番通報やAEDの手配をして、心肺蘇生をおこなう。だれもいない場合は、まず2分間、心肺蘇生をおこなう。
 3.気道を確保する(頭下げて・あご上げて)。
 4.呼吸の確認をする(見て・聞いて・感じて)。
 5.口対口の人工呼吸を2回おこなう。胸の上がりがみえる程度の量を約1秒かけて吹き込む。
 6.胸骨圧迫を連続30回おこなう。
 ※胸骨圧迫は、「圧迫する部位」「30回の連続圧迫」「1分間に100~120回のテンポ」は成人と変わりませんが、押す強さ(深さ)は胸の厚みの3分の1を目安とします。十分に沈みこむよう、強く押します。圧迫は、両手ではなく片方の手のひらの基部でもかまいません。
 7.心肺蘇生(胸骨圧迫連続30回と人工呼吸2回)を続ける。
 8.近くにだれもいない場合は、2分間の心肺蘇生をしたあと、ここで初めて119番通報をしてAEDを手配する。

 一連の救助活動中に、だれかがきたときは、どの段階でも救助活動を中断して、その人に119番通報とAED手配を頼みます。
 そして、傷病者に反応がみられないときは、救急隊員に引き継ぐまで心肺蘇生を継続します。

□気をつけること
 まわりにだれもいない場合は、119番通報やAED手配よりも2分間の心肺蘇生を優先します。