胸・背―腰・腹のけが

□胸のけが
 重いけがの場合は、1.呼吸するのが苦しい、十分に呼吸ができない、2.顔いろがわるい、くちびるや指先が紫色になっている、3.傷が深く肺まで達し、空気が傷口より漏れて出入りしている、4.皮膚の下に空気が漏れ、皮膚を押すとピチピチしたような感じがする、などの症状のときです。
 胸を重い物やハンドルで打ったり、機械にはさまれたとき、傷がなくても心臓や縦隔(じゅうかく:心臓や気管、食道などがある胸部の中央部分)にけががあると重症になります。たんから血が多く出たり、空気が漏れるときも重症です。息を吸うとき、空気が漏れる場合はガーゼやハンカチで強く圧迫し、肺がつぶれる気胸を防ぐようにします。気胸が起こると呼吸が苦しくなります。息を吐くときに漏れる場合は軽く当て、肺と胸郭(きょうかく)の間の空気を出して気胸を防ぐようにします。あわせて救急車を呼ぶか、急いで手術のできる病院に運びます。
 重い症状がない場合、肋骨(ろっこつ)骨折や胸部打撲が多く、深呼吸やからだを動かしただけでも痛みます。また、直後は痛くなくても、翌日または2~3日後に痛くなることや、たんに少量の血が混じることがあります。
 応急処置は、胸全体をきちっと包帯で巻くか、広い範囲を絆創膏(ばんそうこう)で圧迫しながら貼ります。ひびも骨折です。胸部打撲も肋骨骨折も同じ痛みがあり、応急処置はほぼ同じです。「打撲は痛くない、骨折は痛い」というのは誤った考えで、どちらも痛いのです。


□背―腰・腹のけが
 高所からの落下で背中や腰を強打したとき、背骨や腰骨や骨盤のけがのほかに、反動で頭を打つこともあります。おしりから落下した場合も、背骨の圧迫骨折を起こすことがあります。骨折のほかに、内臓破裂も考えなければなりません。背骨がずれると足が動かなくなること(下肢まひ)があります。
 土砂などの重いものが腹に落ちた、車に腹をひかれた、車の間にはさまれた、などは傷がなくても内臓破裂を起こしていることが多く、一刻も早く手術のできる病院に運ばなければなりません。内臓破裂すると、大出血の危険もあります。
 はじめは体調がよくても徐々にわるくなり、胸骨圧迫(心臓マッサージ)をしながら受診することもあります。救急車を呼びましょう。

 軽いけがでは打撲傷のことが多いでしょう。物の角などが当たったとき、内臓破裂を起こすことがあります。立って歩けたとしても安心せずに、顔いろや尿の色(赤い尿、血尿)などに注意します。徐々に具合がわるくなる場合は、病院を受診します。

他の病気について調べる

  1. 家庭の医学
  2. 応急手当て