けがの処置

 大きなけがや大量出血では、急場をしのぐ応急処置をし、急いで救急車を呼ぶか、医師に診てもらいます。ここでは簡単なけがの手当てを示します。

□出血や傷のないとき
 頭や胸、腹を打ったときは、傷がなくても、全身状態を見ることが大切です。上肢や下肢、指が変形し痛みがあるときは、脱臼(だっきゅう)や骨折のことが多く、病院を受診します。

□出血や傷があるとき
 まず、止血をします。止血後、傷をさわらないようにします。再出血や化膿(かのう)することがあります。止血のしかた
 傷のごみ(異物)をとります。糸くず、砂、ガラス片は清潔な手やピンセットなどで取り除きます。砂や泥などは水道水で、油はせっけん水で洗い流します。十分にとれないときは、清潔なガーゼで軽くこすりとります。強くこすると組織を傷つけ、異物を押し入れることになります。
 とれないときや痛くてとれないときは医師に頼みます。傷内の異物は感染・化膿の原因となります。化膿しなくても皮下に残り、変色することもあります。異物をとることが傷の手当ての第一歩です。
 頭の傷は、頭髪をかき分けて見つけます。見つけにくいときは髪を短く切りますが、切った髪が傷口に入らないようにしましょう。切った毛髪や砂、ガラスは掃除機で吸いとったり、ガムテープでとります。
 とげや針などの小さな物による刺し傷は「刺し傷の手当て」を参照してください。刺したままで医師を受診する場合、皮膚から出ている部分を短く切らないことです。
 包丁や太い木、鉄棒が深く刺さっている場合、抜くと多量出血することがあり、抜かないで急いで病院に行きます。
 傷に消毒液を塗るのはよくありません。消毒液が傷に入ると、治りがおそくなることがあるからです。傷口のまわりから消毒し始め、傷の周囲を広く消毒します。
 ガーゼやハンカチをのせ、厚手の包帯ですこしきつく巻くと、痛みが軽くなります。布や綿、ティッシュは傷に密着してしまいとれにくくなり、異物となるので注意しましょう。


□気をつけること
 庭やグラウンド、畑などでけがをした場合は、小さな傷でも、化膿のほか破傷風(はしょうふう)に感染するおそれがあります。破傷風の感染は重症で生命にかかわることがあります。一般に破傷風の傷はあまり化膿しません。傷が治ったかなと思ったころに、ことばが出にくくなり、口が開きにくくなるなどの特徴的な症状が多いようです。化膿防止の応急処置後、必ず病院に行き受診しましょう。