けが人が出たら

 けが人に遭遇したときは、次の点に注意しましょう。
 1.落ち着くこと……けが人も周囲の人も、まずあわてず落ち着くことです。冷静な判断や手当てをおこなうには気持ちを落ち着かせます。
 2.安全が第一……災害(地震や強風)では、物が落ちてこない広い場所や物が飛んでこない場所に、けが人も自分も避難して、まず身の安全を確かめます。
 3.2次災害の防止……地震の場合、火元を消したりガスの元栓を閉め、落下や倒れるものがない広い場所に逃げます。また、津波の危険がある場合は高台に逃げましょう。仕事中の事故では機械を止め、事故につながる薬品などを遠ざけるようにします。交通事故では、続いて起こる事故を防止するために発煙筒をたき、表示板などを置きます。犠牲者がさらにふえる2次災害を防ぐ努力をします。また、人や動物を助けたり、物をとるために災害現場に行くなど、危険をおかすことはやめましょう。これらは救急隊員などの専門家に任せましょう。
 4.けが人の状態……けが人の意識がない、もうろうとしている、大きなけがのときは、その場から離れずに、大きな声で他人を呼び、助けを借りて、急いで救急車や医師を呼びます。けがの程度によりますが、自分一人でけが人の処置・対応ができるか、また周囲の人の助けを借りたほうがよいか迷ったら、救急車や人を呼んだほうが無難です。いずれの場合でも、すばやい判断が必要になります。

□手当ての実際
 まず、けが人の意識(会話ができるか)や呼吸の状態、脈の有無(手やくび、またの脈)、顔色を見ます。脈がない場合は胸骨圧迫(心臓マッサージ)をします。
 意識がないときは血がしみている衣服を、意識があるときはそのほかに痛い場所の衣服を、急いで開けたり破いたりします。大量に出血しているときは、きれいなタオルかハンカチを何枚か重ねて傷に当て、出血している傷を手または指で強く押しつけ止血をします。ほとんどの場合、強く押さえると血は止まります。押さえても出血するようなら、もう一度出血している場所を確認してから押さえるか、もっと強く押しつけます。
 さらに、意識や呼吸や脈があっても、また出血がなくても、顔いろが悪い場合、内臓や脳に出血していることもあります。
 骨盤や大腿(だいたい)骨の骨折、内臓の損傷などでは、体内に大量の出血を起こします。脳の損傷でも徐々に意識がなくなったり、もうろうとしたりします。傷や出血がなくても安心せず、顔いろや脈、呼吸、意識の状態をくり返し見るようにします。
 全身状態に問題がなければ、傷の手当てに専念します。