視神経管骨折〔ししんけいかんこっせつ〕

 眼窩(がんか)上部外側に外傷を受けたのちに急に強い視力低下が起こります。外観ではちょうどまゆげ部分に打撲のあとがあり、“対光反射”(光を瞳孔に入れると瞳孔が縮む反射)がわるいか、なくなっています。視神経管撮影でその部の骨折をみとめます。

[治療]
 副腎皮質ステロイド薬の全身投与と、骨折部の減圧を目的に手術することがあります。視力低下については、できるだけ早い時期に治療をおこなうことで視力が回復することがあります。
医師を探す