内分泌性眼球突出〔ないぶんびつせいがんきゅうとっしゅつ〕

[症状]
 両眼または片眼の眼球突出、眼瞼(がんけん)拡大、下方を見る際の上強膜露出や瞬目(しゅんもく)減退(まぶたの閉じる回数が少なくなること)が起こります。
 また眼球運動制限による“複視”も起こります。突出が高度になると目が閉じられなくなり、まぶたが完全に閉じないために角膜に混濁を生じ視力障害を強く起こす場合もあります。バセドウ病など甲状腺機能の亢進(こうしん)があったり、また正常のこともあります。
 診断は、甲状腺機能異常と全身症状、眼症状やCT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像法)検査などでおこないます。

[治療]
 甲状腺機能亢進の場合は、それに対する薬物治療をおこないます。副腎皮質ステロイド薬や交感神経遮断薬投与もおこなわれます。手術で眼窩(がんか)圧の減圧をおこなうこともあります。
医師を探す