老眼〔ろうがん〕

 年齢とともに調節力(目の筋肉を緊張させたりゆるめたりして、異なる距離にピントを合わせる力)が弱くなりますが、正視の人が最大の努力をしても近くが見にくくなった状態を老眼(老視)といいます。
 調節力は加齢とともに弱くなります。40歳くらいになりますと、この調節力は3~4ジオプターになり、若いとき遠くがよく見えていた正視の人は、眼前30~25cm以内に近づけると像がぼやけてしまいます。近くを見る仕事はこの距離ですので、40歳くらいになると近くが見づらいといったことに気づくわけです。
 近視の人は老眼にならないといわれますが、それはあやまりで、すべての人が老眼になります。ただ近眼の人は近くに焦点がもともと合っていますので、近用のための老眼鏡がいらないというだけです。

[治療]
 近くを見る仕事に必要な調節力をレンズの力を借りておこないます。近くに焦点が合うためには、正視の人の場合は凸レンズが必要ですし、近視の人は近視の眼鏡の度を軽くすることにより同じ結果が得られます。最近では、手術によって老視の症状を軽減する手術もありますが、成績は発展途上です。
医師を探す