不同視〔ふどうし〕

 左右の屈折度に2ジオプター(レンズの強さをあらわす単位)以上の差があると、眼底で像が左右異なってしまい、立体視ができない、大小二重に物が見えるといったうったえが起こります。また、弱視や眼精疲労も起こします。
 治療は、一方の目(屈折異常の少ないほうの目)にあわせ、他眼はプラスマイナス2ジオプターの矯正をおこなうか、コンタクトレンズを用います。
医師を探す