乱視〔らんし〕

 乱視は光の入る方向で屈折が異なりどこにも像を結ばない状態で、どの距離においてもぴったりと焦点があわない状態です。目に入ってくる光をもっとも強く屈折する方向(強主径線)と、それと直交する方向(弱主径線)があります。強主径線の方向が垂直な場合を直乱視、水平な場合を倒乱視といっています。
 乱視は、おもに角膜の彎曲(わんきょく)が方向によって異なるために起こりますが、そのほかに水晶体乱視、眼底乱視などがあります。
 治療は、円柱レンズで矯正します。不正乱視は、角膜表面にところにより凹凸があり、方向によって一定の彎曲がない状態をいいます。不正乱視は円柱レンズでは矯正できず、ハードコンタクトレンズ(コンタクトレンズ)で矯正します。

医師を探す