眼窩吹き抜け骨折〔がんかふきぬけこっせつ〕

 目の前方からなぐられたり、ひざげりをされたりすると眼球をかこんでいる骨が折れることがあります。眼窩の内圧が急激に上昇し骨が折れてしまうために、このような病名がついたのです。特に目の内側と底部は、骨が薄いため骨折が起こりやすい部分です。


 骨折した部分が眼球を動かす筋肉に引っかかってしまうと、眼球の動きがそこなわれ、ものが二重に見えてしまいます。程度が軽ければ自然に治る場合もありますが、後遺症を残すことがあり、専門医がいる大きな病院を受診したほうがよいでしょう。治療は手術による整復です。
医師を探す