悪性黒色腫〔あくせいこくしょくしゅ〕

 黒褐色のはれものを特徴とする悪性腫瘍です。発生頻度は高くありませんが、口の中では上顎(じょうがく)、硬口蓋(こうこうがい)に多くみられます。転移しやすく、治療は化学療法と組み合わせて外科的広範囲切除がおこなわれます。
医師を探す

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2018/08/21
オプジーボ(一般名】ニボルマブ)点滴静注の「悪性胸膜中皮腫」と 「悪性黒色腫の術後補助療法」への適応拡大、 「固定用量への用法・用量」の変更、および オプジーボとヤーボイ(一般名:イピリムマブ)点滴静注との併用療法における 「腎細胞がん」への適応拡大に対する国内製造販売承認事項一部変更承認取得

小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社

2018/07/02
ノバルティスの「タフィンラー」 「メキニスト」併用療法、国内に おける適応拡大承認により、BRAF 遺伝子変異を有する悪性黒色腫の術後補助療法として使用可能に

ノバルティスファーマ株式会社

2018/06/11
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A. 進行性悪性黒色腫患者を4 年間および5 年間フォローアップした 2 つのピボタル試験においてKEYTRUDA (ペムブロリズマブ)が長期生存率を改善

MSD株式会社

2018/04/20
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.AS KEYTRUDA (ペムブロリズマブ)が切除後の再発リスクが高い ステージ川の悪性黒色腫に対する術後補助療法で プラセボと比較して再発または死亡のリスクを40 パーセント以上低減

MSD株式会社