変形性頸椎症〔へんけいせいけいついしょう〕

 脊椎(せきつい)が老化すると、椎体と呼ばれる部分がつぶれたり、骨の縁にとげのような部分が生じたりして変形してきます。これが頸髄(けいずい)やそこから出る神経を圧迫し、くびや肩の痛み、手足のしびれなどの症状が出ます。
【参考】骨・関節・脊椎・筋肉の病気:変形性頸椎症
医師を探す