頸椎後縦靱帯骨化症〔けいついこうじゅうじんたいこっかしょう〕

 頸椎のうしろを縦にはしる後縦靱帯が、骨化して頸髄(けいずい)を圧迫する病気です。中年の男性に多く、変形性頸椎症と似た症状を呈します。
【参考】骨・関節・脊椎・筋肉の病気:脊柱靱帯骨化症
医師を探す