バセドウ病〔ばせどうびょう〕

 自己免疫疾患と考えられ、甲状腺全体のはれ(甲状腺腫)と甲状腺機能亢進(こうしん)を伴った状態です。
 20~30歳代の女性に多く、甲状腺腫のほか、頻脈、眼球突出などが代表的な症状です。そのほか、汗をかきやすい、手指がふるえる、体重が減るなどの症状がみられます。
 詳しくは、「内分泌・代謝異常の病気」のバセドウ病を参照ください。
医師を探す