かぜ症候群への対策〔かぜしょうこうぐんへのたいさく〕

 インフルエンザ感染の対策としてワクチンの予防接種が推奨されます。
 また、インフルエンザ感染が疑われた場合には迅速診断をおこない、発症48時間以内であれば、抗ウイルス作用をもつシアリダーゼ(ノイラミニダーゼ)阻害薬の吸入や服用によって病気の進展を阻止するようつとめることが必要です。
 さらに、インフルエンザは細菌による二次性肺炎を合併することも多いので、高熱の持続や膿(のう)性たんなどがあれば、抗菌薬の使用も考慮します。たん
 その他のかぜ症候群に対しては、対症療法が主となります。基本的には、安静、保温、加温、加湿を心掛け、発熱やせきに対しては、体力の消耗を防ぐ意味からそれぞれの症状に対して必要最小限の薬剤を使用します。
医師を探す