食道静脈瘤〔しょくどうじょうみゃくりゅう〕

 食道壁内の静脈がふくらんで数珠(じゅず)玉のようにつながったもので、やぶれると大出血(吐血、下血)を起こして生命がおびやかされることがあります。
 消化管から出ていく静脈血は、必ず肝臓を通って心臓に戻ります。肝硬変慢性肝炎などでは肝臓がかたくなって、門脈の流れがわるくなり、門脈圧が高くなります。これが門脈圧亢(こうしん)進症で、門脈内にうっ滞した血液は心臓に戻るため、逃げ道(副血行路)が発達してきます。その逃げ道の一つが食道壁内の静脈で、この血流がだんだんふえてくると拡張・蛇行して食道静脈瘤を形成します。
 肝臓の病変が進んだり、門脈圧が上がると、食道静脈瘤は破裂して大出血を起こします。慢性肝炎や肝硬変と診断されたら、食道の内視鏡検査で食道静脈瘤ができていないかを調べます。破裂しそうな静脈瘤があったときには、内視鏡的に硬化薬を注入したり、静脈瘤に輪ゴムをかけて結紮閉塞(けっさつへいそく)させ、出血を防止します。
 食道静脈瘤は出血しないかぎり症状がないので、慢性肝炎や肝硬変になった人は必ず定期的に内視鏡検査を必ず受けてください。
医師を探す