食道カンジダ症〔しょくどうかんじだしょう〕

 食道モニリアシスともいいます。カンジダはカビ(真菌)の一種で、口腔(こうくう)内の常在菌の一つです。
 免疫力が低下した状態では食道粘膜面にしま状、斑点状に白苔(はくたい)ができますが、顕微鏡で見るとカンジダの菌糸がみられます。
 嚥下(えんげ)痛や、熱いものや酸っぱいものなど刺激物を飲むとしみる感じがしますが、無症状のこともあります。体力の回復をはかり、抗真菌薬の服用で対処します。
医師を探す