食道憩室〔しょくどうけいしつ〕

 食道壁がふくろ状に外に向かって飛び出したものです。
 食道壁が周囲の炎症反応でひっぱられて飛び出したり(牽引〈けんいん〉性憩室)、食道内圧がなんらかの原因で高くなって外に圧出(内圧性憩室)されてできたりします。よくみられる部位は、頸(けい)部食道(ツェンカー憩室)や中部、下部食道です。

 内圧性憩室は徐々に大きくなり、憩室の中に食物がとどまって炎症を起こし、出血したり通過障害になることがあります。症状があれば手術をおこない、憩室を切除して、下部食道昇圧帯の筋切開を加えて、食道の内圧が異常に上昇しないようにします。手術では、胸腔(きょうくう)鏡下に切除するのが一般的です。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会