プランマー・ビンソン症候群〔ぷらんまー・びんそんしょうこうぐん〕

 鉄分とビタミン(B1、B2、C)の欠乏により、頸(けい)部食道に膜様の狭窄(きょうさく)を生じた状態をいいます。
 嚥下(えんげ)困難、貧血、口内炎がみられ、がんを併発することがありますので定期的に内視鏡検査をおこないます。治療は内視鏡を用いてバルーンで拡張したり、高周波メスを用いて切開して拡張します。
医師を探す