核医学検査

 微量の放射線を出す放射性医薬品(アイソトープ)を体内に注射し、それが心臓に集まるようすを画像にする検査(心筋シンチグラフィ)で、注射をしたあとに専用のカメラで撮影をします。患者さんのからだから出る放射線をカメラがとらえるので、時間をかけるほど鮮明な画像となりますが、撮影時間がかかっても、被ばくがふえることはありません。また使用する放射性医薬品は、腎臓や肝臓に影響を与えることがほとんどなく、腎臓のわるい人やアレルギー体質の人でも安心して検査を受けることができます。
 心臓の筋肉に集まる血流や、エネルギーのもととなる脂肪酸、また自律神経の交感神経に集まる物質を見るなど、目的に応じて放射性医薬品を使い分けます。これにより心筋が壊死(えし:死んでしまった状態)したり、血液が足りない状態になっていることや、心臓病によって傷んだ心筋の状態などを見ることができ、心筋梗塞や狭心症、心筋症の診断や重症度を診断することが可能になります。
 特に狭心症の診断のためには、トレッドミル(スポーツジムにあるようなベルトコンベヤー式のマシン)やエルゴメーター(自転車のようなもの)を使って、実際に狭心症が起きる状態で診断をつけます。なお運動ができない場合などは、血管をひろげる薬を点滴しながら注射して検査をおこないます。

関連トピックス