心音図、ABI・PWV検査

 心音図は心臓の収縮に伴って弁の開閉や血液の流れによって起こる音と胸壁の振動とを適当にフィルターで分離して記録するものです。低音や高音に分けて記録することができます。心電図といっしょに記録すると、心臓の電気的な興奮の始まりと、血液の拍出による弁の開閉のずれなどがわかり、また弁が狭くなったり、よく閉まらないときに出る雑音を確かめることもできます。これらの雑音は、聴診器でも聴けますが、心臓の収縮のどの部分に一致しているか、あるいはどれくらいの時間続くかなどを正確に知ることができ、病気の種類や重症度を診断するのに役立ちます。この検査法は心エコー図を記録するときに補助として用いられることが多く、単独ではほとんど用いられなくなりました。
 ABI(足関節上腕血圧比)検査は、足くびと上腕の血圧を測定し、その比率(足くび収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。PWV(脈波伝播速度)検査は、心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて手や足にまで届く速度のことです。これらにより血管の動脈硬化の程度を判定します。