心臓超音波検査(心エコー検査)

 心臓超音波検査とは、音としては聞こえない高周波の超音波を心臓に当てて、その反射波を利用して心臓を画像化する検査方法です。X線検査のような放射線被ばくはありませんので、小児や妊娠中の女性まで誰もが安心して、何度でも受けることができる検査です。画像モニターのついた機器につながったプローブ(探触子)を胸に当てるだけでできる検査ですので、入院の必要はなく、外来で検査が可能です。
 心臓のかたちや動き、心臓内の弁の動きなどを見ることができるため、心臓の肥大や拡大の有無、心筋梗塞や心筋症、弁膜症の診断などほとんどの心臓病の診断に利用されています。また、心臓内の血流までも画像化することができるドップラー法があります。さらに、これまでは2次元(2D)画像を用いていましたが、最近は3次元(3D)画像をつくることができ、立体的な画像を見ることもできるようになりました。
 いっぽう、経食道エコー検査といって、細いプローブを胃カメラのように口から飲み込んで、心臓のすぐ裏側(食道はちょうど心臓の裏側にあります)から密着するように検査する方法があります。この経食道エコー検査は、弁膜症の診断や手術中にもおこなわれ、心臓内の血栓の有無を見ることにも使われています。超音波(エコー)検査