アルコール性肝障害〔あるこーるせいかんしょうがい〕

 大酒飲みは肝臓をやられやすいということは古くから知られており、アルコールの肝臓への障害性が想定され研究が進められていますが、そのメカニズムの詳細は解明されていません。
 しかし、積算飲酒量、すなわちいままでに飲んだアルコールの合計量がアルコール性肝障害の重要な因子となっていることはあきらかにされています。したがって、いわゆる休肝日をつくっても、ほかの日の飲酒量がふえれば同じことになりますし、アルコール性肝硬変もしくはそれに近いものが存在する人では、「休肝日」をつくったり、1日量を減らしても、飲めば飲むだけ肝臓はわるくなると考えられます。しかし、アルコールの影響は、人種、性別、個人による差が大きく、これだけ飲んだら肝臓がわるくなるという一定の線を引くことはできません。
 アルコールによる肝障害は、脂肪肝、肝線維症、肝炎、肝硬変などいろいろな形態をとります。前二者はアルコールによって肝臓に脂肪の沈着や、線維の増生が生じる病態です。アルコール性肝炎は酒によって起こるもっとも重篤な肝臓病であり、肝細胞が広範にわたって壊死(えし)が生じ、発熱、黄疸(おうだん)、腹水などが出現し、急性肝不全の状態を呈することもあります。
 大量の飲酒後に発病するもので、これをくり返すと肝硬変になりやすいといわれています。いずれの場合も治療はアルコール制限であり、特にアルコール性肝炎を起こした人、肝硬変になっている人では厳重な禁酒が必要となります。禁酒をしていても肝臓が悪化し続けるときは、禁酒を続けることができる場合にのみ肝移植をおこないます。
医師を探す