ロボット支援手術〔ろぼっとしえんしゅじゅつ〕

 腹腔鏡(ふくくうきょう)の手術の操作の際には、こまかい作業が必要となります。特に縫合の操作は、腹腔鏡で用いる鉗子(かんし)では困難です。そのような観点から、ロボット工学を応用した手術支援機器が開発されました。
 これを用いると、術野が拡大されて見える、手振れが修正されてこまかい作業ができる、関節がたくさんついており手の動きが多様になる、などが可能となります。原則として腹腔鏡手術であればどれでもこの機器を用いることができますが、特に視野が狭い手術や縫合操作が肝要となる手術には、その特長が生かされます。
 泌尿器科領域では、前立腺がんの前立腺全摘術と腎臓がんの腎部分切除術がその適応です。こまかい操作が可能になるので、腹腔鏡手術の特長である、出血が少ない、傷が小さい以外にも、精緻(せいち)な手術ができます。そのため、たとえば前立腺全摘術のあとにみられる尿失禁や男性機能の障害が起こりにくくなります。
医師を探す