神経皮膚炎(ビダール苔癬)〔しんけいひふえん(びだーるたいせん)〕

慢性湿疹の一つの型と考えられています。

[症状]
 中年女性のくび、特にくびのうしろ(うなじ)によくできます。“ビダール苔癬”ともいいます。皮膚が灰白色をおび、きめが粗くなって厚くなります。だ円形もしくは帯状の発疹(ほっしん)で、たむしとまちがえられたりします。
 かゆみが非常に強いのが特徴で、また気がまぎれていると、かゆみが気にならないといったことがあります。つまり、気のもちようで、かゆみを強く感じたり、ほとんど感じない程度になることもあります。

[治療]
 治療法には次のものがあります。
 1.副腎皮質ステロイド軟膏(なんこう)の外用。同テープの貼付(ちょうふ)。
 2.かゆみを抑えるために抗ヒスタミン薬の内服。
医師を探す