化粧品のかぶれ(化粧品皮膚炎)〔けしょうひんのかぶれ(けしょうひんひふえん)〕

 以前みられた“顔面の黒皮症(顔が黒くなる)”や、香水やオーデコロンがついた皮膚に直接日光がはたらくと、皮膚が黒くなる“ベルロック皮膚炎”は、現在はみられなくなりました。今日でもごくまれに刺激性あるいはアレルギー性の化粧品かぶれを起こすことがあります。しかし、かぶれと思われる多くは敏感状態の皮膚が化粧品などで刺激されたり、あるいは化粧品の使い方を誤って、皮膚炎を起こしたり、化粧品が毛穴につまって、にきびになったりする場合です。化粧品の使い方に注意することと、これらの症状があらわれ心配なときは、早めに専門医に相談してください。
医師を探す