分芽菌性指間びらん症〔ぶんがきんせいしかんびらんしょう〕

 指間にかゆみを伴う赤い小水疱(すいほう)ができて、しだいにひろがるとともに、小水疱が破れて、境界がはっきりしたびらん面をつくります。角層がふやけて膨化して、白く見えることもあります。このびらん面は、カンジダ特有のねっとりした感じです。ピリピリ感の痛みを伴うことがよくあります。
 主婦、料理人など水仕事をする人に多くみられ、夏に多く起こります。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会