口腔カンジダ症(鵞口瘡)〔こうくうかんじだしょう(がこうそう)〕

 新生児、乳幼児、高齢者の口腔内にできます。免疫が低下したり、口腔を清潔にしないと口腔内に常在しているカンジダ菌がふえて、病変を生じます。時に外来性に感染してくることもあります。
 抗生物質や副腎皮質ステロイドの内服、また糖尿病をはじめ免疫不全、全身の衰弱で誘発されます。

[症状]
 口腔粘膜、硬口蓋(こうこうがい)、歯肉、舌表面などに扁平な白色膜様物質が付着しているもので、下の部分と固着していて、はがしにくいのを無理にはがすと、あとにびらん面を残したり出血したりします。また、本症のひどいものでは潰瘍をつくっていることもあります。
医師を探す