続発性副甲状腺機能亢進症〔ぞくはつせいふくこうじょうせんきのうこうしんしょう〕

 低カルシウム血症が長期間続くと、それが刺激となって副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌が増加する病気です。原因としてもっとも多いのは慢性腎不全です。
 腎不全では血中カルシウム濃度は低下し、リン濃度は増加します。低カルシウムの刺激が長く続くため、時に副甲状腺に腫瘍が発生します。PTHの過剰が骨の病変を悪化させるので腫瘍を摘出することがあります。
医師を探す