臍ヘルニア〔さいへるにあ〕

 臍ヘルニアはいわゆる「でべそ」であり、臍輪(さいりん:へその緒の付け根)の閉鎖が不完全なために起こります。
 腹壁(ふくへき)の形成不全である臍帯(さいたい)ヘルニアとは異なる疾患です。重症の腹部症状を起こすことはほとんどありません。

【治療】
 1歳ころまでに自然にへこんできます。脱脂綿などで圧迫する治療は、現在ではあまりおこなわれません。自然にへこんだあとには、あまった皮膚ができるため、3~5歳ころに形をととのえるための手術をおこないます。
医師を探す