がんの治療

解説
 がんの治療には大きく局所療法と全身療法の2種類の方法があります。
 局所療法として、手術療法と放射線療法があり、全身療法として、化学療法(抗がん薬療法)、ホルモン療法、免疫療法があります。最近では、正常な細胞とがん細胞の違いをとても小さな分子や遺伝子のレベルで見つけ出し、その違いを応用してがん治療を行う分子標的治療薬が脚光を浴びています。特殊な治療法として、動脈塞栓(そくせん)療法、温熱療法、凍結療法などがあります。
 胃がん大腸がん乳がん肝臓がん食道がんなど、ある臓器にしこりを形成してくるようながん(固形がん)では、手術が治療の第1選択となります。固形がんでは病巣を完全に切除することがもっとも確実な治療法で、腫瘍の存在する部分だけではなく腫瘍周囲のリンパ節もいっしょに切除する術式が一般的です。
 早期がんで周囲のリンパ節に転移がないと判断される場合には、内視鏡を用いて病巣を切除する方法もあります。固形がんで病巣がひろがっている場合、特に血行性転移や播種(はしゅ)性転移がみとめられるような場合には、局所療法としての手術よりも化学療法などの全身療法が優先されることが多くなります。
 いっぽう、白血病などの全身的な悪性病変では、化学療法が治療の第1選択となります。甲状腺がんや乳がんなどのホルモンに関係するがんでは、手術療法とホルモン療法を組み合わせて治療することもあります。また放射線療法が効果を示すがんもあります。
 がん細胞が増殖し大きくなるためには酸素と栄養が必要です。この酸素と栄養は血管から供給されます。このため、がんは自分自身で新たに血管をつくり出す能力をもっています。これを血管新生と呼びます。この血管新生を抑える薬が血管新生阻害薬です。血管新生はがんに特異的なものではなく、傷が治っていく過程や動脈硬化などで血液の流れがわるくなったときにもみられます。からだにとっては必要な血管新生も阻害されてしまうため、これによる副作用が問題となっています。
 このように、がんの種類とその進行程度によって治療法が異なってきます。早期の固形がんでは手術療法だけで完治が期待できますが、進行がんでは手術で病巣が取りきれているようにみえても再発する場合があります。手術単独では完治がむずかしいと判断された場合には、さまざまな全身療法がおこなわれることとなり、これを集学的治療といいます。

【参照】
 がん:がんの進展

関連トピックス


関連ニュース


厚労省記者クラブから

2019/01/08
EGFR 遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんの治療薬として 「ビジンプロ」(一般名:ダコミチニブ水和物)の製造販売承認を取得

ファイザー株式会社

2018/04/17
ファイザー社のダコミチニブ、米国食品医薬品局(FDA) および欧州医薬品庁(EMA)がEGFR 活性化変異を有する 転移性非小細胞肺がんの治療薬としての承認申請を受理

ファイザー株式会社

2017/03/23
ノバルティス、BRAF 遺伝子変異を有する非小細胞肺がんの治療薬と して、BRAF 阻害剤「タフインラー」とMEK 阻害剤「メキニスト」 の併用療法に対する効能追加承認を取得

ノバルティスファーマ株式会社

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会