標準治療とガイドライン

 一般に、がんの治療は「標準治療」にもとづいておこなわれています。
 標準治療とは「現在もっとも効果が期待できる治療」です。学会のガイドラインに掲載されている治療がこれにあたります。固定概念にこだわった古い治療ではなく、国内外の最新の臨床試験の結果を取り入れ、遅れなく更新されています。体力や内臓の機能に特に問題がない場合は標準治療を受けることが最良の治療選択肢です。
 各がんの学会ホームページには、たいてい患者さん向けの解説が示されていますので、参考にするとよいでしょう。

(執筆・監修:公益財団法人 がん研究会 有明病院 院長補佐/外来化学療法部長 陳 勁松)