細菌感染による皮膚病(膿皮症)

解説
 ブドウ球菌、レンサ球菌のほか、緑膿菌などの皮膚感染で起こる皮膚病を総称して“膿皮(のうひ)症”といいます。これらは体外からの細菌感染によるもので、真皮から皮下組織にかけて急激に進行する炎症を、“蜂巣(ほうそう)炎”といいます。体内の化膿巣、または膿皮症の病巣から化膿菌が血流中に入って、血行性に内から化膿菌の皮膚感染を招くことがあります。敗血症で起こる皮膚化膿がこれです。
 健康な皮膚表面にもこれらの原因菌はいますが、特に毒性を発揮せず、増殖、活動することもなく、無害の状態でいます。それは皮膚表面に殺菌作用があるためです。
 この作用を減退させるような変化が皮膚表面に起こると、膿皮症は起こりやすくなります。糖尿病、貧血、月経不順、栄養障害、腎臓・肝臓の病気などで起こりやすいのはこのためです。また、夏に直射日光を受けたとき汗が出たあとに化膿しやすいのも、このためです。
 化膿菌が入った部分によって、膿皮症は次のような臨床型に分けられています。
・とびひ(伝染性膿痂疹〈のうかしん〉)…表皮に限られたもの。
・毛包(もうほう)炎…毛包に限局するもの。
・癤(せつ:フルンケル、面疔〈めんちょう〉)…1個の毛包脂腺(しせん)に限られるもの。
・癰(よう:カルブンケル)…2個以上の毛包にわたるもの。
・化膿性汗腺(かんせん)炎…汗腺(エクリン腺、アポクリン腺)の化膿。
・深膿瘡(しんのうそう)…真皮に及ぶ小さな皮膚の潰瘍。
・皮下膿瘍(のうよう)…皮下組織に限局された膿瘍。
 これらのいろいろな膿皮症は、おのおの独立にできるもののほかに、1つの型から他の型に移行し、また同時に2つ以上の臨床型が発生することも珍しくありません。
 これは、長くかかる皮膚病の治療には特に重要な点で、皮膚病が長く続いているときは、多少とも、この2次的細菌感染が皮膚面に加わっているものと考えられます。こういう場合、適切な治療の併用を忘れてはなりません。

とびひ(伝染性膿痂疹)〔とびひ(でんせんせいのうかしん)〕

毛包炎〔もうほうえん〕

せつ(フルンケル、面疔)〔せつ(ふるんける、めんちょう)〕

化膿性汗腺炎〔かのうせいかんせんえん〕

またずれ(紅色陰癬)〔(こうしょくいんせん)〕

蜂窩織炎(蜂巣炎)〔ほうかしきえん(ほうそうえん)〕

丹毒〔たんどく〕

壊死性筋膜炎〔えしせいきんまくえん〕

皮膚結核〔ひふけっかく〕

ハンセン病(レプラ)〔はんせんびょう〕

非結核性抗酸菌感染症〔ひけっかくせいこうさんきんかんせんしょう〕