急性肝炎

解説
 発熱、全身倦怠(けんたい)感、食欲低下、胃部不快感、嘔吐(おうと)などにはじまり、黄疸(おうだん)とともに急性の肝障害が出現する病態であり、一般には、ウイルス感染によって生じるものを“急性肝炎”と称しています。
 急性肝炎はさまざまなウイルス感染が原因となりますが、肝臓に親和性が強く、その細胞の中で、増殖する性質をもつ肝炎ウイルスの感染を原因とするものがほとんどを占めます。
 現在、サイズ、形態、性状などが判明し、よく知られている肝炎ウイルスにはA型、B型、C型、D型、E型の5種類あります。ほかにF型、G型、H型と名づけられた肝炎ウイルスの存在が推定されています。

A型急性肝炎〔えーがたきゅうせいかんえん〕

B型急性肝炎〔びーがたきゅうせいかんえん〕

C型急性肝炎〔しーがたきゅうせいかんえん〕

E型急性肝炎〔いーがたきゅうせいかんえん〕

その他のウイルス性急性肝炎〔そのたのういるすせいきゅうせいかんえん〕