黄疸〔おうだん〕

 黄疸(おうだん)にはいくつかの原因があります。
 胆汁が腸に送られないために血液中に吸収されて、黄疸があらわれます。このような黄疸は、胆管に結石がつまったとき、胆管などの炎症のために粘膜がはれ上がって管腔(かんくう)をふさいだとき、胆管にがんができて胆汁が流れなくなったときなど、胆道の通過障害のときに起こります(閉塞性黄疸)。
 さらに、肝臓の細胞がウイルスや毒物などでおかされると、血液中に含まれている胆汁色素を胆汁の中に排出することができず、黄疸を起こします(細胞性黄疸)。
 また、血球がいろいろな原因でこわされて起こる黄疸があります。新生児黄疸、ドゥビン・ジョンソン症候群などがあります(体質性黄疸)。肝臓の酵素の先天的な異常で黄疸が起こるジルベール症候群という日本人に多い病気がありますが、体調にはさしさわりはありません。
 眼球の白いところ(結膜)、舌、手足の裏、爪などを見ると黄疸がはっきりわかります。みかん、かぼちゃなどを食べ過ぎて黄色くなることがありますが(柑皮〈かんぴ〉症)、黄疸ではありません。柑皮症のときは眼球の白いところの結膜は黄色になっていません。また、手のひら、足の裏が明るい黄色調をしているのが特徴です。
 黄疸のときは、尿が茶色になります。この尿を容器にとって振り動かし、泡をつくってみて、泡まで黄色であれば黄疸です。大便の色は黄色を失って、まったく灰色になることもあります。黄疸があると、皮膚がかゆくなることもあります。
 黄疸のとき、右上腹部に強い痛みが生じることがあります。特に疝痛(せんつう:発作的にくる痛み)があったり、熱が出ると同時に痛みと黄疸があるときは、胆石など胆管を閉塞することが原因であると予想されます。黄疸がますます強くなったり、体力がだんだんおとろえ、そのわりに痛みが強くないときは、がんのようなものができて胆汁の流れがわるくなったものと考えられます。
 なんとなくからだの調子がわるく、かぜでもひいたのではないかというような症状があるうちに、突然黄疸が出て顔が黄色になる、こんなときは急性肝炎を疑います。
 いずれにせよ、黄疸が出たらすぐに医師の診断を受けることが大切です。
医師を探す

関連トピックス