自己免疫性肝炎〔じこめんえきせいかんえん〕

 生体は細菌やウイルスなど体内に侵入してきた外敵、異物を破壊するため免疫系を作動させます。
 通常、この免疫系は自らのからだに対しては攻撃を仕掛けないようにプログラムされていますが、ある病的な状態下では自分のからだの構成成分に対し抗体が産生され炎症が生じます。これを自己免疫と呼びますが、その結果、肝臓に慢性炎症が生じるものを自己免疫性肝炎といいます。
 この疾患は、女性に多く、皮膚症状や関節症状を伴いやすいことを特徴とし、副腎皮質ステロイド薬が非常によく効きます。まれにステロイド薬が効かないため肝移植が必要となることもあります。
医師を探す