薬物性肝障害〔やくぶつせいかんしょうがい〕

 薬物を原因とする肝障害を薬物性肝障害といい、中毒性肝障害と薬物アレルギー性肝障害の2つに大別することができます。

■中毒性肝障害
 肝障害の程度は投与量に依存し、投与を受けたすべての人に障害が出現し、薬物により一定の病像を呈する特徴をもちます。このタイプの肝障害を見ることはまれです。

■薬物アレルギー性肝障害
 薬物に対するアレルギー反応として生じる肝障害です。
 肝障害の程度は投与量と無関係で、微量投与でも起こる可能性があり、投与を受けたすべての人に出現するわけではなく、さまざまな病像を呈するという特徴をもちます。薬物性肝障害のほとんどはこのタイプの肝障害です。
 原因となった薬物の投与を中止することで改善します。重症化、遷延化する症例では薬物療法が用いられることもあります。
医師を探す