教えて!けいゆう先生

痛み止めの麻薬は怖くない?
医療現場では日常的に処方

 以前外来で患者さんから、こんな悩みを打ち明けられたことがあります。「先生からもらった痛み止め、怖くて飲めませんでした。だって『麻薬』なんですよね…?」その方は、大腸がんの腹膜播種(はしゅ)=おなかの中にがんが広がった状態=で、抗がん剤治療を受けていました。おなかの痛みをコントロールするため、私は麻薬性の鎮痛薬を処方していたのですが、患者さんはこれが「怖くて飲めなかった」と言うのです。

 私は大いに反省しました。

 医療用麻薬を日常的に使っているせいで、患者さんから見た「麻薬」という言葉の持つまがまがしいイメージに思いが至らなかったのです。

医療用麻薬は怖くない?

 ◇「麻薬は怖い」という誤解

 「麻薬」というと、何となく怖いイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実際、麻薬に対しては、「副作用が強いのではないか」「中毒(依存症)になるのではないか」といった不安を口にされる方もいます。「麻薬」という言葉は、「夢中になりすぎて他のことに手がつかなくなる」といった状況を指して「麻薬のように」と比喩的に使われることもあります。

 こうした「麻薬」のネガティブなイメージが、医療用麻薬に対する誤解を生んでいるのです。

 医療現場では、医療用麻薬を、がん性疼痛(がんによる痛み)に対する有効な鎮痛手段として非常によく用います。医療用麻薬とは、「麻薬及び向精神薬取締法」によって医療用に使用が許可された麻薬で、コカインやヘロインのように使用や所持が禁止された不正麻薬とは異なります。医師の指示に従って痛みのある時に使用すれば、中毒(依存症)にはならないことも分かっています。

 また、飲み薬(内服薬)、注射薬(血管内への点滴や皮下注射)、パッチ製剤(貼り薬)、座薬など、剤型にも豊富なラインアップがあります。

 飲み薬が口から飲めない方や、血管が細くて点滴できない方であっても、パッチ製剤や座薬といった手段を用いることで、うまく痛みをコントロールすることができます。患者さんの状態に合わせて剤型を使い分けることができるため、利便性が高いというメリットがあります。

  • 1
  • 2
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会