治療・予防

スクラブ洗顔要注意=目に入ると痛みや異物感

 細かい粒子を含むスクラブ洗顔料は、粒子を肌の上で滑らせ、こするようにして汚れを落とす。さっぱりとした使用感があり、夏場に限らず好まれているが、誤って目に入り、我慢できない痛みに眼科を受診するケースがある。使い方には注意が必要だ。

 ◇粒子はさまざま

 スクラブ洗顔料に含まれる粒子にはさまざまな種類がある。米ぬかや塩、クルミなどの植物の種子を砕いた物や海藻など自然由来の物もあれば、合成素材もある。普段の洗顔では落とし切れない毛穴の汚れを落とし、肌の表面を滑らかにするなどの目的で使われることが多い。

 「スクラブ洗顔料の粒子が目に入ってしまい、痛くて受診する患者さんが現れ始めたのは10年ほど前です」と話すのは、竹内眼科医院(大阪市)の竹内正光院長だ。

 まぶたの裏と白目の前面を覆う結膜や、黒目に当たる角膜に異物が付いたり刺さったりすると、ころころとした異物感とともに痛みや充血が生じることがある。原因となる異物はまつ毛、空気中の細かい砂や植物のかけら、鉄などの金属片、コンクリートの粉じんなどが多いという。

 「スクラブ洗顔料に含まれている粒子の場合は、洗顔中に目の中に入ることもあれば、洗い流されずに目の周りに残ったものが入ることも考えられます」

  • 1
  • 2

新着ピックアップ